和食をいただく機会が多い私たち日本人ですが、食べ方のマナーやルールについて
どれぐらい知っているでしょうか。
あなたはいくつチェックがついたでしょうか。

…実は、この中に正しいものは一つもありません。
しかし、これらの行動は日常的によく行われているものばかりではないでしょうか。
多くの方は知らず知らずのうちに、マナー違反となる行動をとっているのです。
「美箸マイスター中級」では、日本人に最もゆかりのある和食についての背景、
いただき方やマナーなど食事全般に関する正しい知識と箸使いを身に付けていただきます。
箸を使うにあたって、そこには必ず料理があります。
中でも和食と箸は切っても切り離せない密接な関係にあります。
食事全般のマナーを身につけることで、より深く「美箸」について考えていきましょう。
また、食事をする姿は想像以上に見られているものです。
せっかくの楽しいひとときを、あなたの立ち居振る舞いひとつで
台無しにしてしまってはいませんか。
ぜひ、正しい箸使いと食事のマナーを身に付け、大切な人と大切な場所で食事をする時、
楽しく美しくいただける人を目指しましょう。
ご購入はこちら

株式会社にほん箸
代表取締役 萩原里美
はじめまして。
株式会社にほん箸 代表取締役の萩原里美と申します。

皆様、箸使いに自信はありますか?
和食が世界遺産に登録されたことをきっかけに、
日本文化に対して、世界から注目度が高まっていますが、
近年お箸を上手く持てない、使えないといった方も
多く見受けられます。

箸を美しく使うことは、子どもにも大人にも素敵な効果があります。
幼少期から手先を動かすことは、脳にも良い影響を与え、発達を促します。
そして、箸を上手に持てるようになると鉛筆の持ち方なども整えることができ、
生活していく上でかけがえのないものとなるでしょう。

また大人になるにつれ、箸使いを見られる機会も増えてきます。
箸使いでその人を判断されると言っても過言ではありません。
言葉の使い方や立ち振る舞いが美しい人が、
お箸の使い方も美しいように、お箸のマナーはその人自身を表すものです。
幼少期からお箸のマナーを習得することが一番ですが、
大人になってから覚えても遅くありません。

「美箸マイスター中級」では、日本人に最もゆかりのある和食についての背景、
いただき方やマナーなど、食事全般に関する正しい知識を身に付けていただきます。
箸を使うにあたって、そこには必ず料理があります。
中でも和食と箸は切っても切り離せない密接な関係にあります。
食事全般のマナーを身につけることで、
より深く「美箸」について考えていきましょう。