日本の箸文化を継承する会

お箸のマナー
日本の箸文化を継承する会 > お箸のマナー

お箸のマナー

日本人であれば食事をするときに必ずと言っていいほど「お箸」を使用します。普段の家庭での食事なら気にすることも少ないですが、外出先での食事や会席などの時やはり食事のマナーを身に着けておくことで楽しく食事ができ、またあなたのイメージもアップすることでしょう。ここではお箸の基本マナーに関する部分を掲載しております。この機会にマナーやルールを身に着けておきましょう。

嫌い箸

違い箸

「木」「竹」など素材の違う箸同士を一対にして使う。

そら箸

食べようと取ったものをそのまま戻す行為。

刺し箸

料理に箸を突き刺して食べる行為。

指し箸

箸で人を指すこと。

箸(はし)渡し

箸と箸で物のやり取りとする。

迷い箸

どの料理を食べるか箸で迷いながら料理を食べる行為。

拝み箸

両手で箸を挟み拝むようにする行為。

横箸

箸を2本揃えて料理をすくいあげる行為。

逆さ箸

箸を上下逆さまにしてして使用する行為。

ちぎり箸

1本ずつ箸を持って料理をちぎって食べる行為。

仏箸

ごはんに箸を突き刺す行為。

落とし箸

食事中に箸を床に落とす行為。

叩き箸

箸同士を叩いたり食器を叩いたりする行為。

重ね箸

一つのおかずばかり次々と続けて食べる。

受け箸

箸をもったままおかわりをすること。

なみだ箸

箸(はし)の先から料理の汁などを落とすこと。

探り箸

器の中身の料理を箸で探って食べる行為。

舐り箸

箸をなめる行為。

この他にも様々なお箸とお箸を使ったマナーがありますので、チャンスがありましたら学んでみてください。